スポンサーサイト

2016.01.25 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ヤミ金被害事例

    2013.08.06 Tuesday

    0
      Gさんが被害にあった買取屋

      「保証人不要で利息1.9%のまとめ融資OK」という電話勧誘が入った。

      借入れが増えて困っていたので、Gさんは「本当に一本化してもらえるのか」と聞き返したが、
      「まず大丈夫でしょう。とにかく1度来店してみて下さい」
      と言われ、とりあえず行くだけ行ってみようと考えたそうです。

      店に行くと、最初の話と違っていて、
      「融資に際して、まず実績をつくっていただく必要があります」と言われ、
      「カードはお持ちですか?」と聞かれ、
      「キャッシングの枠はいっぱいですが、買い物の枠ならまだ使えるのはご存知ですか?」
      と切り出してきた。

      さらに、
      「カードで、私がこれから指定する物をローンで購入してきて下さい。物はこちらで高値で買い取り、買い取り金をとりあえずの融資分にそちらへ回します。今から組んでいただくローン分の返済については、今回Gさんが希望されている融資額にローン返済に充てる分の金額をプラスしますので大丈夫です」
      と指示された。

      言われたとおりGさんが指定品をローンで買ってくると、業者はそれを買い取った。
      しかし、
      「すみませんが、これだけの金額にしかなりませんでした」
      ということで、手渡された金額は少しだった。

      その後、「まだ信用が足りない」とのことで、さらに別の商品をローンで買わされた。

      やがてGさんが話をまとめ融資の件に戻すと、条件が変わり「保証人が必要です」と言い出した。
      そこでGさんは渋々保証人になってくれる身内を探したが、それを伝えると今度は「全くの第3者の保証人しか受け付けません」と断られた。
      「では具体的に、どんな保証人ならいいのですか?」とGさんが聞くと、
      「身内、会社の同僚、知人はダメ」とのこと。
      この時点で「絶対にありえない保証人の条件を要求している」=「まとめ融資の話はウソ」だと気づく。

      Gさんはその後、この業者との連絡を止めたが、商品を買ったローンの返済が今までの返済の上に加わり、破産するしか手がない状態になってしまった。

      闇金融資の被害はすぐに専門家(弁護士や司法書士)か警察(生活安全課)や費生活センターなどへ相談することをおすすめします。

       
      闇金融資の被害やトラブルなどの相談は、対応している専門家へ
      ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
      エストリーガルオフィスは相談者の立場になって解決まで全力サポートしてくれます。


      今すぐ相談するなら無料相談ダイヤル(通話無料)がオススメです。
      0120-566-276
      ↑電話番号をタップすると掛けられます

      闇金被害の相談は

      ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所
      闇金対応のベテラン!
      ジャパンネット法務事務所
      ▼無料相談ダイヤル

      闇金融資の被害について

      闇金は多重債務者や生活保護者、年金暮らしの高齢者など、正規の貸金業者では借りにくい人をターゲットに、少額を融資し、多額の利息を払わせ続けます。 返済が滞ると催促の電話が自分だけではなく、知らせてしまった家族や勤務先までかかってきます。 闇金の借金は原則元金すら返済の必要はありませんが、すでに何度か支払いをしている場合、弁護士や司法書士が連絡すると取り立てが止まるケースがほとんどです。 ただ相談先によっては二次被害的なこともありますので、ヤミ金対応の専門家に相談することをおすすめします。