スポンサーサイト

2016.01.25 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    生活保護受給者と闇金

    2013.10.08 Tuesday

    0
      生活保護受給者と言えば、貯金や資産がなく、お金を貸しても恐らく返済が望めない人という事で貸金業者は融資しないでしょうが、闇金はそうは考えません。

      逆に安定した収入がある“おいしい客”だと考えています。

      元々違法なので法律で融資方法を限られる事はないので、生活保護受給者カードを担保としてお金を貸し、逃げられないようにしておけば、返済できないからといって夜逃げされるリスクもなく、毎月国から支給される生活保護を借金の利子として徴収できるので、闇金からしてみれば受給者は格好のカモなのです。

      また生活保護受給者の中にはパチンコなどのギャンブルを行う人間もそれなりに居るので、ギャンブルと親和性の高い闇金にお金を借りに行く受給者も多いそうです。

      闇金融資の被害やトラブルなどの相談は、対応している専門家へ
      ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
      エストリーガルオフィスは相談者の立場になって解決まで全力サポートしてくれます。


      今すぐ相談するなら無料相談ダイヤル(通話無料)がオススメです。
      0120-566-276
      ↑電話番号をタップすると掛けられます

      闇金融資の被害について

      闇金は多重債務者や生活保護者、年金暮らしの高齢者など、正規の貸金業者では借りにくい人をターゲットに、少額を融資し、多額の利息を払わせ続けます。 返済が滞ると催促の電話が自分だけではなく、知らせてしまった家族や勤務先までかかってきます。 闇金の借金は原則元金すら返済の必要はありませんが、すでに何度か支払いをしている場合、弁護士や司法書士が連絡すると取り立てが止まるケースがほとんどです。 ただ相談先によっては二次被害的なこともありますので、ヤミ金対応の専門家に相談することをおすすめします。