スポンサーサイト

2016.01.25 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    名義貸し商法

    2013.09.20 Friday

    0
      名義貸し商法とはいくらの融資枠が取れるかの統計を取るアルバイトだと偽って、消費者金融の窓口で融資の申し込みをさせる悪質業者です。

      「融資金額は会社が返済するので返済の必要はありません」、借りて来たお金は調査会社に渡して欲しいと言い、お金を受け取るとそのまま行方をくらませます。

      勿論返済しなくて良いという話は嘘で、残ったのは借金だけになってしまいます。

      名前を貸すだけだと軽く考えると非常に危険です。

      もし詐欺だったとしても法律上は名義人が契約の責任を負うことになっているので、自分の借金となってしまいます。

      闇金融資の被害やトラブルなどの相談は、対応している専門家へ
      ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
      エストリーガルオフィスは相談者の立場になって解決まで全力サポートしてくれます。


      今すぐ相談するなら無料相談ダイヤル(通話無料)がオススメです。
      0120-566-276
      ↑電話番号をタップすると掛けられます

      闇金被害の相談は

      ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所
      闇金対応のベテラン!
      ジャパンネット法務事務所
      ▼無料相談ダイヤル

      闇金融資の被害について

      闇金は多重債務者や生活保護者、年金暮らしの高齢者など、正規の貸金業者では借りにくい人をターゲットに、少額を融資し、多額の利息を払わせ続けます。 返済が滞ると催促の電話が自分だけではなく、知らせてしまった家族や勤務先までかかってきます。 闇金の借金は原則元金すら返済の必要はありませんが、すでに何度か支払いをしている場合、弁護士や司法書士が連絡すると取り立てが止まるケースがほとんどです。 ただ相談先によっては二次被害的なこともありますので、ヤミ金対応の専門家に相談することをおすすめします。