スポンサーサイト

2016.01.25 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ヤミ金の勧誘の仕組み

    2013.08.29 Thursday

    0
      最近は一般のサラリーマンや主婦をターゲットにしたヤミ金が登場していますが、相変わらず多重債務者や自己破産者に狙いを定めている業者もあります。

      多重債務者は新たな借入先を探すのに様々な金融業者に連絡を入れます。
      その際、個人情報が抜き取られ、名簿がヤミ金融業界に流れてしまいます。
      (名簿を作成するだけでもお金を稼げるので、名簿を作るためだけに広告を出している業者もあるとのこと)

      ヤミ金業界に個人情報が流れてしまうと、怪しいダイレクトメールが次々と郵送されてくることになります。

      また、自己破産者は官報に住所と名前が掲載されるので、その情報を元に「あなたは弊社の審査に通りました。100万円までご融資可能です。」というような内容のダイレクトメールを郵送します。

      このようにしてヤミ金業者は、融資する人間を増やしています。

      他にも、少しでも融資してもらいたいと考える多重債務者や自己破産者の心理を利用して「もう少し審査が必要なことになってしまいました。保証会社の保証が得られれば審査も通りやすくなりますよ」と、1万円ほど保証料金を請求します。
      結局、「審査には通りませんでした」の一言で片付けられて、審査料金(保証料金)がだまし取られます。被害額が少額なので警察に駆け込む人もほとんどいないそうです。ヤミ金の一部は詐欺犯罪として形を変えて残ることになってしまっています。

      ヤミ金の被害は早めの対策と解決後に利用しない意思が必要です。
      もし今ヤミ金のことで悩んでいるなら、対応している専門家への相談をオススメします。


      闇金融資の被害やトラブルなどの相談は、対応している専門家へ
      ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
      エストリーガルオフィスは相談者の立場になって解決まで全力サポートしてくれます。


      今すぐ相談するなら無料相談ダイヤル(通話無料)がオススメです。
      0120-566-276
      ↑電話番号をタップすると掛けられます

      スポンサーサイト

      2016.01.25 Monday

      0
        コメント
        コメントする

        闇金被害の相談は

        ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所
        闇金対応のベテラン!
        ジャパンネット法務事務所
        ▼無料相談ダイヤル

        闇金融資の被害について

        闇金は多重債務者や生活保護者、年金暮らしの高齢者など、正規の貸金業者では借りにくい人をターゲットに、少額を融資し、多額の利息を払わせ続けます。 返済が滞ると催促の電話が自分だけではなく、知らせてしまった家族や勤務先までかかってきます。 闇金の借金は原則元金すら返済の必要はありませんが、すでに何度か支払いをしている場合、弁護士や司法書士が連絡すると取り立てが止まるケースがほとんどです。 ただ相談先によっては二次被害的なこともありますので、ヤミ金対応の専門家に相談することをおすすめします。