スポンサーサイト

2016.01.25 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    口座の譲渡

    2013.08.16 Friday

    0
      闇金業者にとって口座はいくつでも確保しておきたい物です。

      自分で口座を開設すると足が付きやすく、一度口座が凍結されてしまうと同じ銀行で口座を開設する事は難しくなります。
      これでは債務者にお金を振り込ませる口座が無くなってしまいます。

      基本的にヤミ金業者は逮捕されるリスクを恐れ、顔を合わせてお金のやりとりをしません。
      だから顔を合わせず貸し借りを成立させる銀行口座はヤミ金業者にとって大事な商売道具の一つなのです。
      そのため常に複数ストックしておき、凍結されたら別の口座を使います。

      しかし業者はどうやって複数の架空口座を所持しているのでしょうか?

      それは闇金の法外な利息で返済が出来ない人間に口座を開設させているのです。

      口座を譲渡するという行為は銀行から詐欺として訴えられたり、犯罪収益移転防止法違反で逮捕される可能性もあります。

      闇金の被害者が犯罪者になってしまうのです。

      すでに今闇金からの借金でどうしようもなくなっているのであれば、自分が犯罪者になる前に、闇金対応の専門家に相談することをおすすめします。

       
      闇金融資の被害やトラブルなどの相談は、対応している専門家へ
      ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
      エストリーガルオフィスは相談者の立場になって解決まで全力サポートしてくれます。


      今すぐ相談するなら無料相談ダイヤル(通話無料)がオススメです。
      0120-566-276
      ↑電話番号をタップすると掛けられます

      スポンサーサイト

      2016.01.25 Monday

      0
        コメント
        コメントする

        闇金融資の被害について

        闇金は多重債務者や生活保護者、年金暮らしの高齢者など、正規の貸金業者では借りにくい人をターゲットに、少額を融資し、多額の利息を払わせ続けます。 返済が滞ると催促の電話が自分だけではなく、知らせてしまった家族や勤務先までかかってきます。 闇金の借金は原則元金すら返済の必要はありませんが、すでに何度か支払いをしている場合、弁護士や司法書士が連絡すると取り立てが止まるケースがほとんどです。 ただ相談先によっては二次被害的なこともありますので、ヤミ金対応の専門家に相談することをおすすめします。